昨今では食事管理、適切な治療により平均寿命が延びたため、がんの発生も多くなっています。しかしながら、獣医療の発展に伴い様々な方面からがんにアタックができ、治療の幅も広がっています。それと同時に、正確な診断・治療が特に求められる分野でありますので、当院では、大学病院腫瘍科での実績を生かして腫瘍の診断を行い、飼い主様に治療法の選択肢を提示させて頂きます。そしてその子にとってベストな治療法を一緒に考え、治療にあたっております。
検査:触診、超音波検査、血液検査、レントゲン検査、細胞診、病理検査
治療:内科療法、外科療法、抗がん剤、対症療法、放射線療法
突然大事な子ががん宣告をされるのはとてもつらいことですが、現医療では様々な治療が可能ですので、完治することもあります。また、がん経過での疼痛緩和や苦しみの緩和などもその子にとってとても大事なものとなってきます。少しでもその子にとってよい生活を送れる治療ができるようにしています。
がん治療には早期発見が重要です。体調不良はもちろん、体にしこりや何か触れるようなものを発見したらすぐに受診して下さい。

■巨大な肛門嚢アポクリン腺癌を切除し排便が改善した症例
肛門嚢アポクリン腺癌が大きくなった子です。排便障害と癌からの出血がひどく他院で手術不可能と言われていましたが、無事癌を摘出し経過は良好です。

手術前

手術後

■脾臓の腫瘍が破裂し腹腔内出血で貧血を呈していたが緊急手術を行い腫瘍を摘出した症例
20kg のMIX 犬で、突然元気がなくなり苦しそうということで来院されました。

超音波所見

画面に見える白と黒の物体が癌です。青色と赤色に見えるのは癌の血管です。
癌が破けて出血していたため緊急手術を行いました。

術中所見

摘出した癌

脾臓にできた癌が20cm を超える大きさで破けて出血していたため腹腔内は出血がひどかったですが、適切な止血処理をし、無事摘出しました。
術後の経過も良好で元気にごはんも食べれるようになり退院しました。

■咽喉頭癌を切除したパピヨン
他院にて呼吸困難が改善せず食欲廃絶のため来院。
麻酔下にて口腔内を調べたところ、咽頭部(気管の入り口)に腫瘍が存在し、気道を塞いでいるのが確認できます。
矢印が腫瘍です。
気道の確保が困難なため迅速に止血処置を行いながら腫瘍を摘出しました。

切除後の画像です。
腫瘍は無事摘出でき呼吸は改善し、ご飯も食べれるようになりました。

■免疫介在性溶血性貧血(IMHA)
体を守る免疫機構が異常になり、免疫成分の一つである抗体が血液の成分である赤血球を破壊し、その結果貧血を起こしてしまう病気です。
犬では自己免疫によるものが多く、ネコでは白血病ウイルスなどが原因でおこることが知られています。重篤な場合は死亡率が高く肺動脈血栓塞栓症やDIC(播種性血管内凝固症候群)などを併発してしまうと命を落とす可能性があるため早期の診断治療が必要となります。

症  状
:この病気の臨床症状は急性貧血に伴うもので、突然食欲がない・元気がない呼吸が早く苦しそう・歯茎が白い・嘔吐。下痢など症状は様々あります。
好発犬種
:ミニチュアダックスフンド、マルチーズ、プードル、コッカースパニエル、オールド・イングリッシュ・シープドッグ、
アイリッシュ・セッターなどに多い。
治  療
:副腎皮質ホルモン剤と免疫抑制剤を投与します。
難治性の場合は治療反応に数ヶ月かかることもあるため、輸血や脾臓の摘出を行う場合もあります。

■膝蓋骨脱臼整復を行ったチワワ
落下により右前足(橈尺骨)骨折をしたため来院。
膝蓋骨内方脱臼により膝に痛みを生じ、うまく歩けないため膝蓋骨脱臼整復、造溝手術を行いました。
膝蓋骨内方脱臼を繰り返したことにより、骨が削れている箇所です(矢印)
色が薄くなっているのが確認できます。

ひざを曲げて正面から見た図です。(下図)
膝が曲げ伸ばしする際に膝蓋骨(膝の皿)がはまる溝が浅いために脱臼を繰り返すため、
膝蓋骨が外れないように溝を深くする手術(造溝手術)を行いました。
造溝手術により溝が深くなったのが確認できます。(矢印)

手術後は膝蓋骨が脱臼することなく歩行も改善し、痛がることも無くなりました。

■橈尺骨骨折整復をしたポメラニアン

痛みで足がつけない為、手術により骨折部にプレートを固定し整復しました。
手術後は痛みも無くなり歩行可能になりました。

■レッグペルテス(大腿骨頭壊死症)にて大腿骨頭切除を行ったトイプードル

右後足の跛行し、他院にて痛み止めの処方を受けていたが改善がなく、疼痛により足がつけない状態で来院。
触診とレントゲン検査でレッグペルテス(大腿骨頭壊死症)と診断。
内科治療での改善が困難と判断し、大腿骨頭を切除する手術を行いました。
右股関節の付け根にある大腿骨頭が変形しているのが確認できます。(矢印)

手術中の写真です。
変形している骨頭が確認できます。

ドリルで骨を削って、骨頭を切り落としているところです。

切除した骨頭です。通常の骨頭と異なり骨が壊死しているため変形、凸凹しているのが確認できます。

手術後のレントゲンです。

骨頭を切除することで偽関節(筋肉や繊維などが股関節の代わりに機能)が形成され、歩行が可能になります。 術後は痛みも無くなり走れるようになりました。

症状:咳をする、息苦しそうにする、元気が無く寝ている、心拍動が大きい
検査:身体検査、聴診、レントゲン検査、超音波検査、心電図検査、血圧測定、血液検査
治療:薬の服用、手術、酸素吸入、温度・湿度管理

  • ACE阻害薬
  • β遮断薬
  • 利尿薬
  • 血管拡張薬
  • 強心薬
  • 血栓予防薬

症状や検査結果を基に、薬の種類や量を決めていきます。また、病状の進行によって種類、量が変わるので、定期的な検査をします。
心臓病の検査で特に大きな要となるのが、超音波検査でありますが、大変高い技術が求められる検査であります。この技術により診断が左右することも大いにあります。当院では幅広い知識と高い技術で検査を行い、診断しております。この検査では、動物に横になったり、仰向けになったりしてもらいますが、その姿勢が苦手な子、またその姿勢によって息苦しくなってしまう子に対しては、立ったままの姿勢での検査の行っております。

■「僧帽弁閉鎖不全」について
心臓病で最も多い病気です。
心臓は4つの部屋に分かれ、肺→左心房→左心室→大動脈→全身→大静脈→右心房→右心室→肺の順に血液が流れ、左心房と左心室を分ける扉の役割をしている弁を僧帽弁といいます。僧帽弁閉鎖不全症とは、この弁が切れて、左心房から左心室へ流れた血液が再度、左心房へ逆流してしまうことをいいます。この逆流が悪化すると左心房に血液が溜まるため心拡大が生じ、心臓の上を走行する気管を圧迫するため、咳がでます。さらに逆流が悪化すると、左心房からさらに奥にある肺へ血液が逆流してしまい、その結果、肺に血液がたまります。この状態を「肺水腫」といいます。肺水腫になると肺に酸素が入ってこなくなるため、肺の中の水を外へ出そうと咳をします。さらに肺水腫が進むと呼吸困難になり命を落とす危険性があります。この様に、咳に気付いてからでは、すでに心不全が重度の事がありますので、そうなる前に定期的な検査を行い治療が必要となります。

赤色と青色以外に黄色や緑などモザイク状に映るのが血液の逆流箇所です。
弁の異常の有無、心臓の収縮力や、心臓の拡大、血液の流速を測定することで重症度の評価を行い、どのような治療が必要か判断します。

■好発犬種
キャバリア、マルチーズ、ヨークシャーテリア、チワワ、シーズー、トイプードル、ポメラニアン、ミニチュアダックスフンド、パピヨン

■軟口蓋切除により呼吸状態が改善した症例
以前から咳が止まらず他院にて内科治療をしていたが改善せず、症状が悪化しチアノーゼ(酸素欠乏)を呈し呼吸困難になったため来院したフレンチブルです。
軟口蓋過長症と診断し過長した軟口蓋を切除し気道を拡張する手術を行いました。
矢印が過長した軟口蓋です。気管の入り口を塞いでいます。

過長した軟口蓋を切除しています。

切除した軟口蓋を縫合します。

切除した軟口蓋です。

術後の経過も良好で咳も無くなり呼吸も通常通りに改善しました。

■鼻腔拡張術を行い呼吸状態が改善した症例
鼻腔狭窄により以前から鼻水が詰まりその度に吸引をしていたが日に日に悪化し夜寝るのも苦しくなったため来院したパグです。鼻が狭く呼吸がしづらいため両側鼻腔拡張術(両方の鼻の穴を広げる手術)を行いました。

術前
矢印が鼻腔です。ほとんど塞がっているのが確認できます。

術後
術前と比較して鼻腔が拡張してるのが確認できます。

鼻腔拡張により鼻水が詰まることもなくなり呼吸が改善し、夜もちゃんと眠れるようになりました。

■肺水腫のため呼吸困難を呈していたチワワ
他院にて肺炎と診断され治療していたが改善せず、呼吸困難を主訴に来院。
レントゲン検査と超音波検査にて僧帽弁閉鎖不全(うっ血性心不全)による肺水腫と診断。
レントゲン検査では肺野が白く濁っているのが確認できます。これは肺に水が溜まっているためです。また、うっ血(循環不全)のため心臓の拡大が確認できます。

治療後のレントゲンです。
心臓の循環が改善し心臓が小さくなったのが確認できます。その結果、肺の水が抜けて肺がきれいになりました。

■膀胱結石により血尿を呈した症例
血尿を主訴に来院したプードルです。レントゲン検査と超音波検査で膀胱結石と診断しました。矢印で示したのが結石です。

  • レントゲン所見

  • 超音波所見

  • 術中所見

  • 摘出した結石

  • 手術では膀胱を切開し、無事結石を全て摘出しました。

  •  

術後のレントゲン検査と超音波検査で結石が取り切れているのを確認。術後経過は良好で血尿も治まり退院しました。

■尿閉塞を繰り返したため会陰尿道造婁術を行った症例
昨日からおしっこがでないのを主訴に来院した雄猫です。 結石が尿道に詰まり排尿できなくなっていたため会陰尿道造婁術(新しく尿道を作る手術)を行いました。

レントゲン所見
排尿できないため膀胱内に尿が大量に溜まっています。矢印が膀胱です。

以前から何度も尿閉塞を繰り返していたことで尿道が変性したことと尿が出ないことで腎臓が悪くなり始めていたため手術を行いました。

術中所見
結石が詰まっていた尿道がすでに壊死していたため切除をし、残った尿道を新しく開口しました。
矢印が尿道です

矢印が新しく開口した尿道(おしっこの出口)です。
以前の尿道と比べて広がり排尿しやすくなり改善できました。

術後の経過は良好で排尿ができるようになりました。

角結膜炎、角膜潰瘍、ドライアイ、白内障、緑内障、瞬膜炎、流涙症、チェリーアイ、眼内腫瘍など
症状:目が赤い、目やにがでる、目を気にしている・掻く素振りがある、目が開きづらそう、目に傷がある

検査:神経学的検査、細隙灯顕微鏡検査(スリットランプ)、眼圧測定検査、倒像検眼鏡のよる眼底検査、フローレス試験紙による角膜潰瘍検査、涙液量測定紙、超音波画像診断 などの特殊機器での検査
治療:内科療法、外科療法
目の診断・治療には特殊機器での検査と、正確な知識、高い技術が必要です。
角膜潰瘍、白内障、緑内障、視神経・網膜疾患は肉眼ではわからないため、飼い主様が何かおかしいと気づいた時には失明し、手遅れになることが非常に多いです。早期に発見し、早期に治療することで病気の進行を遅らせ、予防することができます。そのために飼い主様に普段から目のケアの大切さを伝えさせていただいています。当院では、麻布大学眼科研究室での経験を生かして、正確な診断・適切な治療を行っております。
また、目薬での治療も多いので、飼い主様に目薬をさして頂くというご協力も大切な分野でございますが、目薬が難しい子も多いため、治療に関しては御相談ください。

症状:強い痒み、皮膚がべたつく、フケが多い、脱毛など

原因:細菌・真菌・ノミ・ダニ・などによる感染性皮膚炎、アレルギーなどの自己免疫性皮膚炎、内分泌性皮膚炎など原因は多岐にわたります。どの原因からくる皮膚病なのかをつきとめなければ、皮膚病はよくなりません。
検査皮膚細胞診検査・皮膚掻爬検査・被毛検査
培養検査・薬物感受性試験
一般血液検査・生化学検査・ホルモン検査
アレルギー検査(食物・樹木・草・ハウスダストなどのアレルギーの特定)
皮膚組織生検

アレルギーは治らない病気の為治療をあきらめている方が多いですが、原因をしっかり見極め、適切に治療すれば改善がみられる可能性があります。
皮膚病が治らない、または薬をやめるとすぐ再発する、ステロイド剤を使用したくないなど病気や治療への不安や疑問を持たれている方はお気軽に相談ください。

膿皮症で抗生剤を飲んでいたが治らないため来院。甲状腺機能低下症と診断し、適切な治療により改善。

犬猫の3歳以上の80%で歯周病を患っているといわれています。その原因は人と違い、歯を磨かないことによる歯石の付着が原因です。歯石は細菌の塊です。このため歯周病を放っておくと、歯槽膿漏になり歯が腐って抜けてしまい、顎の骨が溶けて骨折してしまうことがあります。また、くしゃみ・鼻水等の鼻腔症状も併発し、さらに細菌が全身に蔓延することで、心臓、肝臓、腎臓などの臓器に感染を起こす可能性があります。
当院では歯磨き指導や、歯石がついてしまった子への歯石除去(スケーリング処置)を行い歯周病の予防に努めます。

歯石除去前

歯石除去後

■予防
当院では、各種デンタルケア商品なども多数取り扱っております。
歯石の除去をしたペットでも、その後のケアが大切となります。
ぜひ、当院までご相談ください。

当院ではホルモン検査などの特殊検査も院内で行うことが可能です。
通常、ホルモン検査は検査センターにて検査を行う為、検査結果がでるまで日数がかかりますが、当院では診察時に結果がでるため早急に診断・治療が可能となります。

■甲状腺ホルモン検査
甲状腺機能亢進症、甲状腺機能低下症の診断が可能です。
甲状腺機能亢進症:高齢猫での発症が多く、食べても痩せる・夜泣きがひどい・嘔吐などの症状がみられ症状が進行すると食欲不振・失明・昏睡状態になります。
甲状腺機能低下症:犬で多く発症年齢は若齢から高齢まで様々です。寝ることが多くなった・肥満気味・皮膚病が治らないなど症状は様々ですが突然痙攣を起こし命にかかわることがあります。

■コルチゾール検査
副腎皮質機能亢進症(クッシング症候群)、副腎皮質機能低下症(アジソン病)の診断が可能です。
副腎皮質機能亢進症:高齢犬での発症が多く、多飲多尿・腹囲膨満・皮膚病が治らない。糖尿病や膵炎を発症する危険性の高い病気のため早期発見・早期治療が必要となります。
副腎皮質機能低下症:犬で多く年齢は若齢から高齢まで様々です。食欲不振・元気消失・嘔吐・下痢など症状は様々です・症状が現れた際は状態が悪く緊急治療が必要となります。

■CRP検査
犬では白血球の上昇がみられなくても炎症が起きていることが多いです。
細菌感染、外傷、自己免疫疾患等において非特異的に上昇するため、炎症疾患のスクリーニング検査に用います。

■総胆汁酸検査
血液検査で肝臓の数値が高い際に総胆汁酸検査を行うことにより門脈シャント、肝疾患の診断に用いることができます。

■内視鏡検査
内視鏡を用いることで鼻腔、口腔、咽喉頭、食道、胃、小腸、大腸の炎症や腫瘍病変を発見することができます。また小さな異物であれば開腹しないで摘出することが可能です。

食道

高度医療が進んできた現在では必要不可欠な診断機器となっております。
当院は高度医療機器を導入している『動物健診センターキャミック』と提携しているため、早急にCTやMRI検査をする事ができます。
CTやMRIを撮影する事で、脳、神経、骨、その他の疾患に対してより精度の高い診断ができ、その画像をもとに当院で治療や手術をする事ができます。

■椎間板ヘルニア
椎間板は脊椎間(背骨や腰骨)の衝撃を吸収する役割があります。椎間板が損傷すると、内容物または椎間板自体が脊髄や神経を圧迫し、その結果麻痺が生じます。
重症度によって5つのグレードに分けられます。

グレード1 痛みがあるが歩行可能
グレード2 ふらつきながらの歩行可能
グレード3 歩行不可能のため後ろ足を引きずって前足のみで歩く
グレード4 自力での排尿不可能
グレード5 深部痛覚麻痺ため感覚が無くなる

好発犬種:椎間板疾患はすべての犬種に認められますが、特にミニチュア・ダックス、ウエルッシュ・コーギー、トイプードルなどの犬種に多くみられます。

検査:レントゲン検査、脊髄造影検査、CT検査、MRI検査

治療:内科治療と外科治療があります。

内科治療はグレード2までの歩行可能な子に対してNSAIDSやステロイドなどの痛み止めとケージレスト(約1ヶ月)を行いますが、症状が 突然進行する場合があります。
外科治療は脊髄造影検査、CT検査、MRI検査などを行い、椎間板による神経の圧迫部位の特定をし、椎間板物質を取り除く手術を行います。
椎間板ヘルニアはグレードが進行するほど予後も良くないため、早期の治療が必要となります。

■てんかん
てんかんとは脳の神経細胞に発生する電気的な興奮により繰り返す発作をいいます。
脳神経細胞の過剰な興奮により全身、あるいは手足など一部がつっぱたり意識を消失するなど様々です。重篤な場合は命にかかわることもあるので適切な治療が重要です。
検査:血液検査、レントゲン検査、超音波検査、脳波検査、CT検査、MRI検査
治療:抗てんかん薬が主体となりますが、脳腫瘍、脳炎などその他の疾患がある場合はその原因に対する治療が必要となります。

この子は若いころから発作を繰り返す犬で、MRI検査を行ったところてんかん発作と診断されたため、抗てんかん薬で治療をし、経過は良好です。

Dog・ドック、Cat・ドックはワンちゃんネコちゃんの健康診断です。
ワンちゃんやネコちゃんは自分で体の異常を伝えることができません。
『水を多く飲むようになった。おしっこをたくさんするようになった。』『最近寝ることが多くなった。散歩中すぐ休憩するようになった』
『咳をしたり、いびきをかくようになった』『体のしこりが大きくなった。食べているのに痩せてきた。』
など普段の何気ない仕草も病気のサインであることが多く、飼い主様がおかしいと気づいた時には病気が進行していることもよくあります。見た目は健康にみえていても、検査を行うことで体の異常がわかることがあります。 人間と同様に動物も定期的な健康診断をすることで早期の病気の予防、早期発見、早期治療をすることが可能になります。

■期  間
全身の検査を正確に行う為、1日につき1名のみ受けつけとなります。

■検査項目
血液検査
肝臓、腎臓などの臓器の異常だけでなく血液を直接顕微鏡で観察することで血液の状態も調べることができます。
レントゲン検査
目に見えない胸腔内や腹腔内の状態を確認できます。心臓や肺の病変、膀胱結石なども確認できます。
また股関節など骨の状態も調べることができます。
超音波検査
心臓、肝臓、脾臓、腎臓、副腎、膵臓、膀胱、胃腸などの状態を確認できます。
心臓検査
犬では散歩時に疲れやすさや興奮時に咳をするなど症状がでることが多いですが、猫では心疾患の症状が隠れていることが多く、
気づかないうちに進行するため、末期になってから発症し気づくことが多いため定期的に検査します。
腹部検査
スリット検査、眼底検査、超音波検査など眼球内を詳しく調べます。
白内障や緑内障、網膜疾患、眼内腫瘍などの有無を調べます。
尿検査
尿のPH値や比重、尿を直接顕微鏡で確認することで膀胱結石の予防を行います。
膀胱結石は気づいたときには手遅れで手術になってしまうため、予防的に尿検査をし、食事のケアなどの話を致します。
また、腎不全の初期は血液検査で異常値は出ず、尿検査で見つかります。
糞便検査・直腸検査
直腸検査を行うことで、直腸ポリープの有無、会陰ヘルニアなど腸の異常がないかを確認します。
また、糞便を直接顕微鏡で観察することで寄生虫の有無や炎症、腫瘍の有無を確認します。

■予  約
完全予約制の為、事前予約が必要となります。
キャンセル・日時の変更はご遠慮ください。
当日は絶食でいらして下さい。通常は昼から検査を致します。
午前中にお預かりをして検査項目の説明、午後にお返し・検査結果のお話を致します。

1年に1度特別健診を!
是非ご相談下さい。