■予防

当院では、各種デンタルケア商品なども多数取り扱っております。

歯石の除去をしたペットでも、その後のケアが大切となります。
ぜひ、当院までご相談ください。

■歯科について

犬猫の3歳以上の80%で歯周病を患っているといわれています。

その原因は人と違い、歯を磨かないことによる歯石の付着が原因です。歯石は細菌の塊です。このため歯周病を放っておくと、歯槽膿漏になり歯が腐って抜けてしまい、顎の骨が溶けて骨折してしまうことがあります。また、くしゃみ・鼻水等の鼻腔症状も併発し、さらに細菌が全身に蔓延することで、心臓、肝臓、腎臓などの臓器に感染を起こす可能性があります。
当院では歯磨き指導や、歯石がついてしまった子への歯石除去(スケーリング処置)を行い歯周病の予防に努めます。

歯石除去前

歯石除去後