■Dog・ドック、Cat・ドック

Dog・ドック、Cat・ドックはワンちゃんネコちゃんの健康診断です。
ワンちゃんやネコちゃんは自分で体の異常を伝えることができません。
『水を多く飲むようになった。おしっこをたくさんするようになった。』『最近寝ることが多くなった。散歩中すぐ休憩するようになった』
『咳をしたり、いびきをかくようになった』『体のしこりが大きくなった。食べているのに痩せてきた。』
など普段の何気ない仕草も病気のサインであることが多く、飼い主様がおかしいと気づいた時には病気が進行していることもよくあります。見た目は健康にみえていても、検査を行うことで体の異常がわかることがあります。 人間と同様に動物も定期的な健康診断をすることで早期の病気の予防、早期発見、早期治療をすることが可能になります。

■期  間
全身の検査を正確に行う為、1日につき1名のみ受けつけとなります。

■検査項目
血液検査
肝臓、腎臓などの臓器の異常だけでなく血液を直接顕微鏡で観察することで血液の状態も調べることができます。
レントゲン検査
目に見えない胸腔内や腹腔内の状態を確認できます。心臓や肺の病変、膀胱結石なども確認できます。
また股関節など骨の状態も調べることができます。
超音波検査
心臓、肝臓、脾臓、腎臓、副腎、膵臓、膀胱、胃腸などの状態を確認できます。
心臓検査
犬では散歩時に疲れやすさや興奮時に咳をするなど症状がでることが多いですが、猫では心疾患の症状が隠れていることが多く、
気づかないうちに進行するため、末期になってから発症し気づくことが多いため定期的に検査します。
腹部検査
スリット検査、眼底検査、超音波検査など眼球内を詳しく調べます。
白内障や緑内障、網膜疾患、眼内腫瘍などの有無を調べます。
尿検査
尿のPH値や比重、尿を直接顕微鏡で確認することで膀胱結石の予防を行います。
膀胱結石は気づいたときには手遅れで手術になってしまうため、予防的に尿検査をし、食事のケアなどの話を致します。
また、腎不全の初期は血液検査で異常値は出ず、尿検査で見つかります。
糞便検査・直腸検査
直腸検査を行うことで、直腸ポリープの有無、会陰ヘルニアなど腸の異常がないかを確認します。
また、糞便を直接顕微鏡で観察することで寄生虫の有無や炎症、腫瘍の有無を確認します。

■予  約
完全予約制の為、事前予約が必要となります。
キャンセル・日時の変更はご遠慮ください。
当日は絶食でいらして下さい。通常は昼から検査を致します。
午前中にお預かりをして検査項目の説明、午後にお返し・検査結果のお話を致します。

1年に1度特別健診を!
是非ご相談下さい。