■レッグペルテス(大腿骨頭壊死症)にて大腿骨頭切除を行ったトイプードル

右後足の跛行し、他院にて痛み止めの処方を受けていたが改善がなく、疼痛により足がつけない状態で来院。
触診とレントゲン検査でレッグペルテス(大腿骨頭壊死症)と診断。
内科治療での改善が困難と判断し、大腿骨頭を切除する手術を行いました。
右股関節の付け根にある大腿骨頭が変形しているのが確認できます。(矢印)

手術中の写真です。
変形している骨頭が確認できます。

ドリルで骨を削って、骨頭を切り落としているところです。

切除した骨頭です。通常の骨頭と異なり骨が壊死しているため変形、凸凹しているのが確認できます。

手術後のレントゲンです。

骨頭を切除することで偽関節(筋肉や繊維などが股関節の代わりに機能)が形成され、歩行が可能になります。 術後は痛みも無くなり走れるようになりました。